40代ゲイのオナ禁ブログ

オナニーから解放された日々を!

トマトジュース生活・4週間後

f:id:gakugayin:20170207080005j:plain

1月10日から朝晩250ccのトマトジュースを飲み続けています。

引き続き大きな変化はありません。快便なのと、顔を触ったときに肌に多少スベスベ感がある程度。見た目で肌の変化は感じられません。体重は1週間前に比べて1kg減の57.4kgですが、これは先週同様、ジョギングの影響によるものと思われます。

 

別に何か効果がなくともトマトジュースが美味しいので、それでいいのです。

10日目【「何をやめますか?」】

コーチングを受け始めたころ、セッション終了時の振り返りとして「それでは何を始めますか?そして何をやめますか?」という質問をパーソナルコーチから投げかけられることがお決まりでした。

 

小一時間コーチといろんな話をして、コーチからの質問の助けを借りて、自分の頭の中を整理して、意外な本心が自分の口から出てくるのを自分の耳で聞いて…ということを行っていくと、何を始めるかは自ずと見えてきます。

けれど何をやめるか?これを考えるのが自分は不得手でした。

 

何かを手に入れるには、何かを手離さなければならない。

不要なものを手離すから、大切なものを手に入れられる。

 

コーチの言うことは頭では分かります。でも何を手離すのかが思い浮かばなかった。

 

コーチはいろんな言葉でヒントをくれました。

「やめる」という言葉がしっくりこないのならば、手離す、固執するのをやめる、それに費やす時間を減らす、それに取られるエネルギーを減らす…

 

それでもどうもしっくりこないので、今ではコーチが私にこの質問をすることはなくなりましたが、それでも自分の意識にはしっかり残っています。

 

オナ禁ブログなので結論は見えていますが、つまりオナニーをやめるということが、この「何をやめますか?」の返答だと最近気がつきました。

 

満たされない気持ちを持ち続ける。ぞんざいに扱われた心の傷に固執する。思うようにいかないイライラやモヤモヤや自分を責める気持ち。ふてくされた気持ち。インスタントに快楽を得たい弱さ。

 

オナニーをやめることは、自分にとってそれらを手離すことと同じ意味。

だからオナ禁をすると、自分にとって本当に大切なものや取り組みたいことへの時間とエネルギーが得られるのだと思いました。

8日目【早朝ジョギング】

早朝ジョギングしてきました!

5時半過ぎに起きてランニングウェアに着替えてストレッチ。トマトジュースを飲んで空が明るくなり始めた頃にジョギング開始。道端の草に霜が降りて朝日を浴びて輝いているし、遠くの山は朝焼けを受けて赤紫色に染まっていました。とても爽快な気分で予定通り90分のLSDを完了です。

7日目【マラソン練習開始】

今月のマラソン練習メニューは1週間に3回、次の3種類のトレーニング。

(1)ジョギング10km(キロ7分30秒ペース)

(2)ペース走8km(キロ5分~5分30秒ペース)

(3)LSD(=long slow distance;早歩きくらいのペースで走ること)90分です。

 

昨日はこのうち(2)のペース走にチャレンジしました。

最近オナ禁の効果からか仕事中の集中力がアップしており、昨日も残業することなくほぼ定時で退社。職場でランニングウェアに着替えていつもの市営陸上競技場で練習しました。

 

競技場に向かう車の中で、練習のペースをキロ5分にするか、それともキロ5分30秒にするかを思案。今まで仕事帰りの練習はせいぜい6kmしか走ってこなかったので、8km走りきれるかな…と少々不安でした。そこで競技場についた時点ではペースをキロ5分20秒に設定することを決めました。

 

ところが準備体操をして走りはじめたら思いのほか身体が軽く、出だしの1kmをキロ5分ペースで通過。ゆっくり走っているのに5分ペースだったのでこのまま走ることに変更しました。後半に入ってもペースは落ちることなく、むしろペースアップしたいというはやる気持ちがこみ上げてきます。

 

このトレーニングはペース走なので一定のペースを守ることが主旨。なので、はやる気持ちを抑えて抑えて、ラスト1kmだけをペースを上げることを自分に許しました。

ラスト1kmはキロ4分20秒前後。気持ちよくトレーニングを終えることができました。

 

明日は仕事も休みだし、早起きしてLSD90分にチャレンジしようと思います。

そしてその後は彼と温泉でお泊りデートなのです。

 

 

 

6日目【きわめて順調】

先週の不覚のリセット後、順調にオナ禁継続しています。

 

以前は6日のオナ禁にも苦労していたのにすっかり習慣化できて嬉しいです。自宅での軽い筋トレも毎日続いており、今週はすでに平日に一回ジョギングをすることができました。トマトジュースも朝晩飲み続けています。

 

オナ禁が習慣化されるに従い、早寝早起きも身につき、遅くとも23時には就寝しています。そしてなぜか4時ごろ目が覚めてしまいます。課題は4時に目覚めた後の時間の使い方。今はスマホをいじっているだけなので、この時間を読書に充てたり、楽器の練習に充てたり(いくら田舎暮らしでも近所迷惑かなー)、有効活用します。

 

これから日の出が早くなれば、ジョギングを早朝に行うのもいいかも。

マラソン完走に向けた練習メニュー

昨日はキロ5分30秒ペースで120分間のジョギングをしました。前半の60分は快調で「このペースでフルマラソンを走ればサブ4達成だよな~」と気楽に考えてました。

 

でもそんな簡単にいくわけもなく、70分を過ぎたあたりから徐々に疲れを感じ出します。まだあと50分もある、まだあと45分もある、まだあと…と残りの時間ばかりを気にするジョギング。

やはり計画的に練習を積まないと7月2日の62.195kmは簡単には完走させてくれないと実感しました。

 

ウルトラマラソン完走、フルマラソン4時間以内での完走(=サブ4)のための練習プランがなかなかまとまりませんでしたが、ようやく決めました。

 

それはコニカミノルタ陸上競技部のランニングプロジェクト!

www.konicaminolta.jp

 

素人が楽観的な観測で計画するより、プロの意見を取り入れたほうが良いと考えました。このプランでは大会6ヶ月前からの練習プランを示しています。自分の最終的な目標であるフルマラソン完走は11月か12月の大会を想定しているので、十分な期間があります。

このプランは6ヶ月間を11にわけて練習メニューを組んでいます。最初の「基礎を確認し、身体を慣らす」は達成できているので、次の「夏を乗り越える工夫を」という練習メニューに来月は取り組むことにします。

 

問題はこの練習メニューは一週間に3回練習する想定でいること。

一週間に3回の練習を設けるのはしんどいな…と思いましたが、逆に考えれば一週間に3回程度は練習できなければ、目標達成は難しいということ。

オナ禁で生まれた時間とエネルギーをうまく使って、タイムマネジメントをします。

2日目【リセット後のリカバリー】

リセット後は一気にテンションが下がりますね…

暖かな週末の、温かい布団の中で「もういいや…」という気持ちになりかけましたが、なんとか持ち直してオナ禁継続中です。

週末の朝はのんびり寝ていたい気持ちと、シャキッと起きて家の掃除をしたい気持ちがいつもせめぎ合います。

仕事が忙しくて疲れているときの週末は、朝ご飯を食べて、二度寝して、オナニーして、また寝て、またオナニーして、また寝て…あっという間に夕方で自己嫌悪、ということが度々でした。

この週末は布団の中で「ゆっくり寝られて幸せだったー」と思ったら、気持ちが切り替えられて、家の掃除に取りかかれました。自分の場合、グダグダと寝ていたいのは何か満たされない気持ちの現れのようです。

 

家の中の掃除のついでに、年末の大掃除で見て見ぬフリしていたトイレの便座カバー一式を新調したりして、気持ちもスッキリ。

午後からはジョギング120分間走も出来、今月の走行距離が100kmを超えました。

リセット後のリカバリーがうまくいって、こういうこともまた自己信頼につながります。