40代ゲイのオナ禁ブログ

オナニーから解放された日々を!

1日目【仕切り直し】

16日続いたオナ禁ですが昨日不覚にもリセットしてしまいました。

朝、布団の中、スマホ。またしてもこの三要素。

 

ところで今週から年度末にむけた繁忙期突入です。仕事が忙しくなり疲れると、なぜかスマホにふれる時間が長くなるのです。

 

職場からの緊急連絡に備えるためスマホを常に携帯しているせいもあり、職場の同僚や友人とのLINEのやりとりであっという間に時間が経ってしまいます。

その上、スマホでどうでもいい情報を追いかけ、エロサイトも見、だらだらと時間を費やす…

夕食後さっさと風呂に入ればいいのにスマホをいじり、気がつくとうたた寝。

深夜になって慌てて風呂に入らず布団で寝て、翌朝にシャワーを浴びる。

だからその分朝があわただしくなるし、疲れも抜けきらないので仕事のパフォーマンスも低下する…

 

でも、これはもう過去の話。

 

昨日もコタツでうたた寝しそうになりましたが、23時に風呂に入って何とか24時前に就寝。ただし、いつもより布団に入るのが遅かったのと、リセット後ということもあり、今朝はいつもより目覚めるのが遅くなってしまいました。

 

世の中には自分よりもっと忙しく働いている人もいるはず。繁忙期だからと言ってオナ禁できないわけでなし、ジョギングできないわけでもない。 

 

時間とエネルギーをうまくマネジメントします。

16日目【プロテイン抹茶ラテ】

土日はリセットしやすい危険な日ですが、なんとか乗り越えられました。二日連続でマラソン練習として8kmのペース走も実施。昨日が4分40秒ペース、今日は4分58秒ペース。

 

そしてこの週末からトレーニング後にプロテインを飲み始めることにしました。

選んだプロテインはもちろんstoicmanさんおススメのこちら。

www.stoicman.site

f:id:gakugayin:20170212202111j:plain

 

しかし溶けにくいので、ダマが残って飲みづらい…

 

そこで自宅にある茶道用具を使ってみました。

f:id:gakugayin:20170212202515j:plain

 

プロテインに人肌程度の白湯と抹茶を加えて茶せんで泡立てると、抹茶ソイラテ風に。

風邪予防にカテキンも取れて一石二鳥です。肝心のダマもよく混ざって気にならず、抹茶を加えて泡立てたことで飲みやすくなりました。

気分によって抹茶の代わりにココアにしても美味しそうです。

13日目【自然薯のチカラ】

オナ禁13日目。週末のセクリセから魔の4日目。

射精後4日目あたりがムラムラのピークです。水を多めに飲んでトイレで排尿する回数を増やすことと、呼吸が浅くなりがちなので深い呼吸を心がけています。でも、この辛さがジョギングにも通じる「あ、今、オナ禁してる!」という感じで嫌いではないです。

 

昨日はご近所さんから自然薯(じねんじょ)をいただきました。山芋より粘りが強く味もよい、高価ないただきものです。すりおろしてメカブと和えて朝食にしたり、すりおろして海苔でくるんで油で揚げて晩酌のつまみにしました。

自然薯に含まれる栄養素の効果、「自然薯=精力増強」という思い込みによるプラシーボ効果、射精後4日目ということもあり今朝は身体中に力が漲る感じがします。

 

昨日もLSD90分を行ったので、この力を疲労回復に充てたいと思います。

ジョギングが好きだ

子どもの頃、野球が大の苦手でした。ボールを投げるのもバットで打つのも下手くそ。野球のセオリーもよく分からない。自分のミスがチーム全体に迷惑をかけるというのにもプレッシャーを感じる。

 

だから基本的には個人競技が好きです。良くも悪くも自分が責任を持てばよいから。


特にマラソン、長距離走は自分の身体ひとつで勝負するスポーツ。自分が頑張って走った分だけ距離が進む。ショートカットはできない。そんなところがとても気に入っています。

 

走っていると、仕事の悩みも問題の整理ができたり、発想力が働いて解決策が思い浮かんだり、解決策は浮かばなくともまぁいいかと楽観的に前向きに思えるようになったりします。

11日目【ジョギングと精神修行】

今月のマラソン練習メニュー3種類のうち、昨日は(1)ジョギング10km(7分30秒ペース)に挑戦しました。

 

さすがに7分30秒ペースは遅すぎるので6分30秒ペースに変更。いつもの市営陸上競技場の外周コースを16周走ります。1周を4分で走るペース。遅すぎず速すぎず、考えごとをするには最適な、これならご飯何杯でもおかわりできるゼ!というくらい楽なペース。

 

半分の8周を過ぎたあたりから、インターバル走をしているランナーが並走してきました。彼は外周の半分をダッシュし、残り半分をゆっくり走るという練習をしている模様。

 

なぜかタイミングが合ってしまい、彼がペースアップするときに私は抜かされて、彼がペースダウンすると私が追いつく…という感じ。

 

なんとなく自分がペースランナーにされている気配…

 

なぜかそれが非常に気に障る。

 

 

でもこれは「反応しない」修行だと思い込むことにしました。彼につられてつい自分もペースアップしそうになるし、ペースアップできないわけではないけれど、今日の練習メニューの目的はゆっくり一定のペースで10kmを走りきること。

 

邪念を追い払い、100mを39秒で走ることだけを考えて無心で練習しました。ジョギングも座禅や瞑想に近い要素がありそうです。

 

最後4周くらいはやや疲れてきたものの無事に練習完了。

インターバル走をしていたランナーのおかげで精神修行にもなりました。

トマトジュース生活・4週間後

f:id:gakugayin:20170207080005j:plain

1月10日から朝晩250ccのトマトジュースを飲み続けています。

引き続き大きな変化はありません。快便なのと、顔を触ったときに肌に多少スベスベ感がある程度。見た目で肌の変化は感じられません。体重は1週間前に比べて1kg減の57.4kgですが、これは先週同様、ジョギングの影響によるものと思われます。

 

別に何か効果がなくともトマトジュースが美味しいので、それでいいのです。

10日目【「何をやめますか?」】

コーチングを受け始めたころ、セッション終了時の振り返りとして「それでは何を始めますか?そして何をやめますか?」という質問をパーソナルコーチから投げかけられることがお決まりでした。

 

小一時間コーチといろんな話をして、コーチからの質問の助けを借りて、自分の頭の中を整理して、意外な本心が自分の口から出てくるのを自分の耳で聞いて…ということを行っていくと、何を始めるかは自ずと見えてきます。

けれど何をやめるか?これを考えるのが自分は不得手でした。

 

何かを手に入れるには、何かを手離さなければならない。

不要なものを手離すから、大切なものを手に入れられる。

 

コーチの言うことは頭では分かります。でも何を手離すのかが思い浮かばなかった。

 

コーチはいろんな言葉でヒントをくれました。

「やめる」という言葉がしっくりこないのならば、手離す、固執するのをやめる、それに費やす時間を減らす、それに取られるエネルギーを減らす…

 

それでもどうもしっくりこないので、今ではコーチが私にこの質問をすることはなくなりましたが、それでも自分の意識にはしっかり残っています。

 

オナ禁ブログなので結論は見えていますが、つまりオナニーをやめるということが、この「何をやめますか?」の返答だと最近気がつきました。

 

満たされない気持ちを持ち続ける。ぞんざいに扱われた心の傷に固執する。思うようにいかないイライラやモヤモヤや自分を責める気持ち。ふてくされた気持ち。インスタントに快楽を得たい弱さ。

 

オナニーをやめることは、自分にとってそれらを手離すことと同じ意味。

だからオナ禁をすると、自分にとって本当に大切なものや取り組みたいことへの時間とエネルギーが得られるのだと思いました。